So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパー・スターへの扉を開け!!;Elton John・僕の歌は君の歌 [音源発掘]

ここのところ選び来ている作品、これまでの記事を見ていただければお分かりかと思いますが、かなり古い作品ばかり。
今年1~3月は、仕事の方は昨年年末にかけてかなりハッスルしてあらかた片づけてしまったことから、ゆとりのある日常に戻れるはずだったのですが、いざ蓋を開けてみるとあにはからんや。
突然、そこに襲い舞い込んで来た仕事の嵐の波。

手に入れた新作、そのサウンドをゆっくりと味わおうかと思っていた矢先の不意打ち、心のゆとりもなくなり、音楽に集中することも出来なくなってしまっって。

そこで、気楽に接することが出来る音楽をということで、若い時に聴き親しんでいた作品を聴いてみることにしたのですが、久しぶり耳にしてみると、リラックスした雰囲気に浸りながら活力が湧いてくるような気分が得られ、時にはこれまで気付かなかった隠し味をみつけたりと、そんなことからその試みにすっかり嵌まってしまったのです

そのこと、今年に入ってからの記事を見ていただいてもお分かりかと思いますが、今回もその若い時に聴いた作品からの1枚、60年代の終わり登場し、瞬く間にスーパースターの地位に上り詰めてしまった、このアーティストのこの作品のお話をしたいと思います。
そして選んだのが、

Elton John (album).jpg


Elton John 、スーパー・スターへの飛躍の原点ともいうべき2作目の作品、1970年発表の”Elton John (邦題;僕の歌は君の歌)”です。

日本では、英国でのリリース8か月遅れることの1971年にリリースされたこの作品、現代のようにまだ情報が高度化されていなかった時代、Eltonがまだ無名の新人であったことを考えれば、それはいたしかたないことだった思うのですが、その無名の新人を一躍世界に名を知らしめたのが、この作品に収めれていた、今でもElton自身コンサートでは必ず歌うというこの曲。


”Your Song(邦題;.僕の歌は君の歌)”。


この不朽の名曲を歌うEltonの1970年のLive映像を見つけましたので、今回はその映像から初めることにしょうと思います。




続きを読む


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

半世紀を越え愛され続けるハーモニー 本日の作品;vol.130 [デジタル化格闘記]

今回の作品は、寒さの中にも日中は、どこかほのかな暖かさを感じられるようになった今日この頃、そうなると欲しくなるのが、ゆったりとした雰囲気で、まだ体には冷たさの感触が残っているも、心の中には暖かさを吹き込んでくれるような、そんなサウンド。

しかし、そんなお誂え向きのサウンドってあるのかな思いつつ、先日音楽を聴きながら、冷たい空気の残る街を歩いていた時に聴こえてきたそのサウンド。

これまで長きに渡り親しんできたサウンドなのに、そのサウンドにこんな力があったなんて!!
不思議な新鮮さを感じながらその余韻を楽しんでしまったのですが、今回は季節柄、少し顔をのぞかせた春の到来を味あわせてくれたこの作品、それを選び聴いてみることにいたしました。

これが、その作品のジャケット。

Blues-Ette curtis fuller.jpg


ジャズ・ファンの方ならこのジャケットを一見しただけでお分かりでしょうけど............。
トロンボーン奏者Curtis Fullerの1958年の作品”Blues-Ette”

現在でもトロンボーン奏者のリーダー作品というのは、かなり希少なのですが、その中のあってこの作品は、トロボーンという楽器の枠を越えジャズの名盤中の名盤の誉れの高き作品なのです。

その聴きどころは、この作品に参加しているテナー・サックス奏者のBenny Golsonの、Golsonハーモニーと呼ばれる心地良さを感じさせる絶妙なアレンジと、Fuller自身の思わず共に口ずさみたくなるようなトロンボーンのソロ。

トローンボーン奏者といえば、J.J. Johnsonがその第一人者として今もそれを越える演奏家は出現していないと言われているのですが、Fullerもその腕前はJ.Jに譲るものの、その良く歌うサウンドとマイルドな音色で人々を魅了し続けているアーティストなのです。

それでは、そのFullerとGolsonの、浮き浮きとした春の訪れの気分を感じさせるようなハーモニー、早速聴いてみることにいたしましょう。





続きを読む


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG