So-net無料ブログ作成

往年の名曲に新たな息吹を・TOTO;Through The Looking Glass [音源発掘]

寒い日が続いたと思えば、突如暖かい日が訪れたり、これは例年より早い季節の変わり目の三寒四温の到来かと思いきや、早、梅の花開花の便り届く今日この頃。

これも暖冬であるという、今年なればこその季節模様ということなのか。

そこで、今回の作品はこの少し早い春の訪れの萌芽に触れて、かなり個性的なジャズ・アーティストの作品を取り上げた前回とは裏腹に、気分爽快なカバー曲集を取り上げ聴いてみることにしてみました。

through the looking glass toto.jpg


それが、これ!!
AORの中心的存在として70年代後半より活躍してきたTOTO、その彼らの2002年発表の11作目となる作品 ”Through The Looking Glass”です。

この作品、彼らの正式作品ではあるものの、面白いのはその曲目。
全曲が60年代から70年代の楽曲のカバー集なのです。

しかし、そこは有能なスタジオ・ミュージシャンとして多くの経験を積んできたTOTOのこと、その選曲は、ロックの楽曲だけに留まらず、レゲエ・ソウル・ジャズなど幅広いジャンルに及んでいて、それらの名曲が、彼らの百戦錬磨の腕前によって、どう料理されているのかに接することが出来るのが、この作品最大の聴きどころ。

とは言っても、「所詮カバー曲集じゃないか、彼らの腕前なら難なくこなして当たり前だ!!」という向きもあろうかと思いますが、そう言わず、何はともあれご一聴あれというところ!!

名曲の味をしっかりと伝えながら自己の個性も発揮している、TOTOならでの面白さがあるのがこの作品。

とうところで、まずは1曲。

1967年にあの伝説のスーパー・グループが世に送り出した、ロックのあの名曲から聴き始めることにいたしましょう。









続きを読む


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

可憐さと醜悪、二つの音を持つ男・Eric Dolphy;Last Date  本日の作品;vol.129 [デジタル化格闘記]

前回は情熱溢れる、熱いラテン・ロック・サウンドを聴いていただきましたが、今回は、それとは裏腹の聴く人によっては、奇々怪々とも感じらるアーティストの作品を聴いて行くことにしたいと思います。

それが、この作品。

eric dolphy last date.jpg


マルチ・リード奏者のEric Dolphyの、1964年オーストラリアで地元のアーティストとの共演の模様を収めたライブ作品 ”Last Date”です。

この演奏が収録された27日後、Dolphyはベルリンで客死してまうのですが、この作品はこのアルバム・タイトルが示す通り、彼の生前最後の演奏を捉えたものなのです。

さて、そのDolphy、その経歴は1958年のChico Hamilton楽団への参加で脚光浴びて以来。わずか6年間でしかなかったものの、アルト^サックス、バス・クラリネット、フルートという3つのリード楽器を駆使して独自の語法で語り歌う彼のプレーは、多くのアーティストの心を捉え、その後、Charles Mingus、Mal Waldron、Booker Little、John Coltrane等の多くの巨匠との共演で、数多くの名演を残しているアーティストなのです。

そうした中での彼のリード楽器の演奏、中でもクラシック音楽の中にても裏方的色彩が強い、とてもジャズの独奏楽器としては使えそうもないバス・クラリネットという楽器を駆使しての演奏は唯一無二のもの。

私も、初めてその演奏に接した時は、どんなサウンドが飛び出してくるのか全く想像がつかず、針を下ろし聴き進んで行くうちに、怪奇武骨でありながらもブルーな色合いを醸し出し躍動するそのサウンドに驚き、この不思議な空間の余韻が深く心に刻まれてしまったのでした。


それではなにはともあれ、その不可思議なDolphyの演奏、まずはそのバス・クラリネットの演奏から、曲はThelonious Mon作曲のの”Epistrophy”から耳を傾けて行くことにいたしましょう。











続きを読む


nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:PLAYLOG