So-net無料ブログ作成
検索選択

情熱ほとばしる官能美追求の果てに;SANTANA Ⅲ 本日の作品;vol.128 [デジタル化格闘記]

今年は、一人のアーティストの作品をいろいろ聴き比べながら、これまで何回も聴いてきた作品のまた違った魅力に接してみることにしたジャズの作品、前回の記事もそうしたことで、これまで気付かなかった新たな発見をした作品を取り上げてみたのですが、今回そのロック編。

こちらもジャズ同様聴き比べながらと思ったのですが、そこはロック、かねてより体で感じる直観的な感覚を大切にしてそのサウンドを捉え続けてきたこともあり、聴き比べはするものの、その変遷をもっと直観的に感じてみることを念頭に試み、選んだのがこの作品。

Santana3.jpg


ラテン・ロックで一世を風靡したSANTANAの1971年に発表された第3作目の作品”SANTANA Ⅲ”。

この作品を選んだのは、先日ログ友さんのところにお邪魔した時に見たJourneyの記事。
そこで聴いたJourney曲から、無性にこの作品が聴きたくなってしまったことから、久々に他の作品と聴き比べをしながら聴き直してみようと思いたち選んだもの。

とはいっても、JourneyとSANTANA、共にアメリカのアーティストだけど、そのサウンドはかなり異なっているし、JourneyからSANTANAという発想がとうして出てきてしまうのか? ちょっと唐突なのではと思われている方もいらっしゃるかもしれませんね!

その発想の繋がりの源、それは、このJourneyというバンドの生誕譚にあるのですが、それは、JourneyというバンドはSANTANAから生まれたバンドだという事実。

というのは、まずは、Journeyの中心人物であるギタリストのNeal Schon、その彼のデビューがSANTANAの№2ギタリストであったいうこと、そして、この”SANTANA Ⅲ”こそが彼の輝くデビュー作だったとうこと。

そしてさらには、Journeyというバンドは、このNeal Schonと初期のSANTANAでミュージック・ディレクター的存在であった、キーボードのGregg Rolieの二人が、SANTANA脱退後、立ち上げたバンドだということがあったのです。



さて、この作品でSchonの加わったSANTANA。

この作品は、Schonが参加しているということで、SANTANAの全作品の中で唯一ツイン・リードギターのプレーが聴ける作品となっているのですけど、彼が加わったことで、それまでのCarlos SantanaとGregg Rolieとパーカッション群の織りなす官能的かつ情熱的なサウンドに、さらに、聴く者を釘付けにする刺激的な緊張感が加わって、その音世界の中にあっという間に包み込まれてまれてしまうほどのものになっているのです。

それでは、その刺激的な官能美の世界、ここで1曲、体験してみることにいたしましょう。













続きを読む


nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

風を切り裂く笛の音と共に・Bill Evans;What's New 本日の作品;vol.127    [デジタル化格闘記]

関東では松の内も終わり、今年もいよいよ本番開始。

そこで、私の方もいよいよ本番ということで、新年最初に取り上げる作品は、

今年は、ここ数年、取り上げる作品がマイナー傾向になっていたことから、メジャーどころの名盤を聴き直し取り上げて行こうと思っているのですが、こうした考えが芽生えたのは、年初めの日ににふと思い出した若い時に読んだ、とあるジャズ評論家先生の「名演をよりよく知るには、そのアーティストの駄作も聴かなければいけない!!」という言葉。

この言葉、同じくジャズ評論家の油井 正一さんが自身の著書の中で、とある人の逸話として紹介していた話なのですけど、そのある人とは60年代初めから80年頃までジャズの評論活動を続けた粟村 政昭さんのこと。

この粟村さん、本業はドクターで、公に評論活動をする前は、一ジャズ・ファンとして度々油井さんのところにその時々に聴いた作品などの感想を手紙にしたためて送っていたそうなのですが、ある時、送られてきた手紙の、これからのジャズの鑑賞テーマを述べたくだりに、そのことが書かれていたというのです。

確かにこの言葉、私も、特に即興演奏がその核となっているジャズにおいては、同じアーティストの演奏でも、そのアーティストのその時の気持ちや体調、そして、その日共演したアーティストの顔ぶれ等の要因で演奏の在り方が大きく変わることを体験したことがあることから、これはなるほどなと思い、それ以来、折につけそのアーティストの生み出した名盤前後の作品についても優劣問わず合わせて聴いてみるようになったのですが、今年最初に選ぶことにした作品は、その思いから、ごそごそと古いアナログ盤を出して来て聴き比べをしていた中で、あらためてそのもの凄さを体験、この作品の新たな良さを発見することとなったこの作品、
bill evans what's new.jpg


Bill Evansのリーダー作品というと、ピアノ・トリオ作品が多いのですが、本作は珍しくフルート奏者のJeremy Steigが加わったカルテットによる作品。

Bill Evansの”What's New”といたしました。

さて、一体何がそんなに凄かったのか、この辺でまずは1曲、聴いてみることにいたしましょう。





続きを読む


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

2016 新年でご申!!  今年もよろしくお願いいたします。 [閑話休題]

2015 年賀.jpg


振り返ってみれば、内外とも世間を震撼させる出来事が多かった2015年。
2016年は、もう少し穏やかな年であって欲しいと思うのですけど。

皆様、お正月いかがお過ごしですか。

私は、賀状の絵の通り、ゆっくりと日本酒の味を楽しんでいるところ。


さて、昨年の年末のこと、12月も25日を過ぎると町の装いもX'masから、お正月へと急ピッチに様変わりして行く。
そうした様子をちょっと覗いてみようと町に出て、職場近くの神社に足を運んでみたのですけど。

DSCN1233m.JPG


この写真をみればお分かりですね。
そう!靖国神社です。

行ってみれば、いつも入る靖国通り沿いにある拝殿近くの南門は、あの爆弾事件の警備のためか、固く閉じられていて........。

仕方がないので正面参道へと回り境内に入ると、つい先日まで参道を美しく彩っていた銀杏並木も、

DSCN1123m.JPG


すっかり葉を落としつくして、
そうした風景を眺めながら、さらに境内奥へと足を進めて行くと、お正月の準備をする大工さんたちの槌音が聞こえてきます。

そして、その年の瀬最後の送り火に似た響きに触れながら拝殿の所までやって来ると、その傍らにこんなものが建っていました。

DSCN1229m.JPG


これはと思って近づいて見ると
靖国神社恒例の、巾2.76m、高さ2.19mの来るべき2016年の干支、母猿と子猿を描いた大絵馬。

DSCN1228m.JPG


子猿を慈しみながら、参拝に訪れた人々を至福の眼差しで見つめる母猿の穏やかな表情。
まるで、来るべき年が、平穏であることを祈っているかのよう。

2016年、私も、この猿の親子が安心して暮らせる年であればと、拝殿に祈りを捧げることにしたのです。

そして、皆様方にとっても本当に良い年となるといいですね。


と、年初めから取り止めのないお話をしてしまいましたが、明日から仕事へ復帰という方も多いのではないかと思います。
そこで、この1年間がゆったりとした気持ちで過ごせる良い一年であることの願いこめて、今年初めてのPV、都心の一角で出会った憩の風景を、Claude Bolling(p), Jean-Pierre Rampal(fl)の優しく穏やかな旋律に乗せてご覧いただくことにしたいと思います。

本年も、またよろしくお願いいたします。











nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG