So-net無料ブログ作成

秋の風情を求めて Part3  深山の秋を写す山間の湖 [仕事の合間に]

1か月余り続いた甲信の旅、この間、甲信の地に延べ15日間滞在しながら仕事に明け暮れた日々も無事終わり、やっとのことでたどり着いたのんびりとした休日。

おかげで溜まっていた疲れもいささかほぐすことができたところ。

そこで、その旅で出会った秋の美しい彩、これまで2回に渡り記事をUpさせていただきましたが、疲れも癒されたと事で今回も、その最終回をUpすることにしたいと思います。

さて今回訪れたのは、山梨県や中央市、今月3度目の訪問なのですが、到着するやいつもの仕事場である高見所に登り、その傍らを走る身延線の電車を見ていると

DSCN0819m.JPG


その電車の先に広がる山々の色付き

DSCN0809m.JPG


3日前に来た時より、さらに、色濃さが増していることに気付かされたのです。

DSCN0796m.JPG


幸いこの日は予定よりかなり早く仕事を終えることが出来、ホテルに入るには時間も早いという訳で、ならば、先ほど高見所で見た山々の秋の風情、その山の麓まで行って是非眺めてみたいと考え、身延線に沿って車を走らせてみることにしたのです。

そして来た山のふもと近く、まず目についたのがこの建物。

DSCN0713m.JPG


ん~!! これ竜宮城??

しかし、ここは山の中。
何故、海の中の竜宮城が? と思ってよく見てみると、これは駅。

さらによく覗き込んでみると、市川大門駅との看板があり、その隣の入口の看板には市川大門下地区公民館とあります。

駅舎と公民館が併設された建物。
しかし、なんでこんな鄙びた場所に、人目を引く建物が??


後で知ったことなのですが、この駅、つい最近までは券売機のない無人駅だったそうで、1994年、町により建設された観光施設の開業後に、これと合わせ改築、以後特急列車も停車する駅となり、2013年には、町の受託により駅員が配置されるようになった、町興しを一翼を担った場所なのだそうなのです。

しかし、この駅舎を見た時点ではそんなことが背景にあるとはつゆ知らず、この風変わりな駅舎、これがあるならば、この付近にはなにか見所があるに違いと勝手に解釈し、案内板を頼りに町内探訪を始めることにしたのです。

そうして、見つけたのがこの風景..........






続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

秋の風情を求めて Part2  -甲州 紅葉三昧 秋の旅- [仕事の合間に]

10月の後半の信州への出張、前回の記事では、そこで出会った紅葉の様子をUpさせていただきましたが、それから4日後、今度の旅は甲州への出張。

実は、10月後半から11月の後半の1か月間は、大物の仕事数件を一度に熟してしまおうと計画をしたところ、4回も甲信地方を行ったり来たりの旅をしなければならないことになってしまい、その結果、月半分を甲信地方で過ごすはめとなってしまったのですが、今回の旅は、その出張の第2回目、3日間を甲州で過ごしてき来ました。


さて、旅の始まり、
まずは、その無事安全を祈って立ち寄らねばならいのは、富士山ということで。

前回の信州への出張の時は、甲府盆地の中にある韮崎付近からその様子を拝ませていただいたのですけども、今回の旅の行き先はその手前の中央市。
という訳で、今回は甲府盆地に入る手前にある初狩PAで富士を拝むことにしました。

DSCN0565m.JPG


これが、その時の富士山。
ご覧のとおり、山頂付近には白いものが。

ここ数年、富士山の真っ白な衣装への衣替えは11月半ば以降だったはずなのに、今年は時期が少し早い到来、ならば甲府盆地から望む富士の姿もと期待したのですけど・・・・・・・・・・・・。



それが・・・・・・・・・・・。



DSCN0624m.JPG



真黒い地肌を見せた富士山。
期待しただけにいささか、がっかり。
白装束の富士の山が見れるのは、やはり例年通りの11月の半ば、それまでお預けということなのでしょうかねェ~。


しかし、紅葉の方は、前週までが標高7~800m付近が見頃だったものが、標高400mのこの地まで下りてきている様子。

DSCN0833m.JPG


これならばと、翌朝は仕事の前にいつも古墳の丘を訪れてみることにしたのです。

そして翌朝!!
その古墳の丘に足を踏み入ると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!



















続きを読む


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

秋の風情を求めて [仕事の合間に]

出張に明け暮れたここのところの10日間。

今回はこの季節、甲信地方への旅ということもあり、仕事とは言え秋の風情を満喫できるのではと楽しみにして出発したのですが。

その初日、家を出て早々に出会ってしまったのが早朝の大渋滞。
この時間、いつもならこんなになることはないのにと周囲を見回してみると、

DSCN0371m.JPG


前も後ろも自衛隊の車両ばかり。
どうやら、演習に向かう自衛隊の隊列に紛れ込んでしまったようです。

DSCN0372m.JPG


その隊列、先頭の小型装甲車には、なんと、屋根に機関銃座まで備え付けられている。
住宅街で見るその姿は、何とも異様さを感じます。

そして、さらにその翌日に向かった松本でも、

塩尻北インターを出てみると、いつもはガラガラのはずの対向車線、インターに向かってこちらはさらにひどい大渋滞となっていたのです。

その原因は........

こちらも自衛隊車両の隊列。

しかし、こちらの方には、さらに迫力の車両が!!!!




DSCN0409m.JPG


大型装甲車!!

調べてみると、82式指揮通信車という国産の装甲車なのだとか。
こんなのが高速道路を走るの???

と思われるでしょうけど、最高時速は100kmとのこと。
それにしても、高速道路でこんなのに出くわしたら、ちょっとビビッてしまいますよね。


旅の始まりから、えらいものに遭遇してしまった今回の旅、これは吉なのか凶なのか。
果たして秋の風情に出会うことは出来るのか。

ならば、その吉凶を富士山に求めることにして、朝日を浴びる富士を拝める双葉SAに立ち寄ることにしたのです。

そして、その結果は!!








続きを読む


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG