So-net無料ブログ作成
検索選択

1955年のカラオケ 本日の作品;vol.126   [デジタル化格闘記]

今回はカラオケのお話。

と言っても,そのカラオケ、その制作は1955年という骨董品もののカラオケ。

エーッツ、カラオケってそんな古いの???
今から、60年も前からあったなんて

という声が聞こえて来そうですけど。

そこで、Wikiを調べてみると
カラオケ........!!

その始まりは1970年代半ばの日本とのこと。

実は、その当時私は、ミュージック・ボックスを扱う人達を懇意していたこともあって、カラオケ登場に至るまでの経過を身を以て体験しまったのですが、その時の様子、ここでお話させていただくと。

私が目撃体験したカラオケの始まり!!

その発端となったのはミュージック・ボックス、いわゆるジューク・ボックスの普及だったのです。

ジューク・ボックスというと今の人にはあまり馴染みはないのかもしれませんが、それは、ボックスの中に50枚~200枚の程度のEP盤(アナログ・レコードの2曲入りシングル盤)が入った機械で、コインを入れてその中の入れられた曲を選ぶと、中でレコード・プレヤーが移動し選びEP盤を再生聴かせてくれる演奏装置。

その起源は、かなり古く、アメリカで1920年代後半に登場、1950年代にはレコード産業の大きな収益源となっていたようなのですが、日本でも1970年代、40枚ほどのEP盤を収納するコンパクトサイズのものが生まれ、それがスナックや居酒屋など飲食店のカウンターなどに置かれるように普及していくことになったのです。

そしてそのジュークボックスの普及は、酒場でただ曲を聴くだけでなく、歌手の歌う歌に合わせ自らも歌う客たちを呼ぶことなり、次世代モデルでは、さらにマイク・ジャクを持ったモデルも出現、ここに来て、歌手の歌が入らないオケ演奏だけのEP盤登場への要望が高まりを見せ、カラオケEP盤が登場、カラオケラが生まれることになったのです。


ところが、今回ご紹介する作品は、
そのカラオケ発祥を遡ること15年ほど前のもの!!

一体、それなんなの????

そんなものあるの? と思われるでしょうけど。


あるのです。

それが、これ!!!!

P7060001_editedm.jpg


なんともレトロなジャケット!!

”Jazz Laboratory Series vol.1”です。

そう、タイトルからお察しの通り、この作品はジャズのカラオケ。
と言っても、この演奏、ヴォーカル抜きのカラオケではなく、ホーン楽器(ここではアルト・サックス)抜きのカラオケと言う大変珍しいもの。

演奏するは、バップ期の名ピアニストDuke Jordan率いるトリオを中心としたものなのですが、そのレコード構成は、A面がアルトが入った通常の演奏で、B面がトリオだけのカラオケと言うもの。

それは一体どんなものなのか、早速カラオケ・サイドからその演奏、お聴かせすることにいたしましょう。










続きを読む


nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

Super Moon [閑話休題]

遅ればせながら9月28日のSuper Moon! 見事でしたね。

ところが、この日私は、朝のニュースでこのことを聞いたにも関わらず、職場に着くと月のことなどすっかり忘れてしまっていて。

それを思い出させてくれたのが、就業時間終了の直前の「今日は、Super Moonなんですよね。」という同僚のW君の一言。

その言葉で気付き、屋外を見てみると快晴の空の向こうには夕焼けが、
どうやら絶好のお月見日和のよう。

ならば、月見で一杯と洒落込まなければと思い立ち、終業のチャイムが鳴るとそそくさと夕暮れの街に飛び出し、家路につくことにしたのです。

そうして、電車に乗り自宅近くの駅に到着。
事務所を出た時は、赤く染まっていた空も、いい頃合いに夜の闇に包まれ、これならばと空を見上げると、ありました。

いつもより大きく一段と明るさを増した月が。


この美しさ、月見で一杯だけではもったいない、出来れば写真にして残しておきたいという気持ちが湧いてきて、手持ちのバカチョン・カメラを取り出し空に向けると、あろうことか月を撮ろうとするとやたらに邪魔な電線が目に入って来る。

街の上のいたるところに張り巡らされている電線、日頃その恩恵を受けているのだから文句は言えないのだけど、ここまで張り巡らされ邪魔をされると苛立ちすら覚えて来ます。


とかなんとか言いながらも諦めて適地を求めて移動、やっと電線のない町はずれの生産緑地まで来て撮れたのがこの写真。

DSCN0364m.JPG


一段の輝き、まさに中秋の名月ですね。
季節感も希薄にしか感じられなくなった、気ぜわしく時が回り続ける現代、ゆっくりと季節を味わいながら、移ろいゆく四季の中で暮らしていた昔の人の有り様が羨ましくさえ思えてきます。

そんな感傷を抱かせてくれたお月様、さらにその姿を大写しで撮ってみると。

DSCN0363m.JPG


暗闇に滲み出た光のリングがとても綺麗です。




さて、写真も撮れたところで、一風呂浴びて、お待ちかねの月見で一杯。
静か酒宴の席で愛でた月、酔っ払って忘れてしまわないよう、ビデオ・カメラに収めてみたのですけど。



さてこのPV、使った曲は、Phil Collins、Stingのバック・ミュージシャンを務めたことでもとしても知られるギタリストのDominic Miller、その彼の2003年 の作品、”Shapes”からJS.Bachの”ミサ曲 ロ短調 (BWV 232)”の中の1曲、” Qui Tollis Peccata Mundi”です。

今から200年以上前のサウンドと思えない現代的な響き、月の美しさと同様、普遍的なものを感じます。

それにしてもこの日の月、酔いが回るにつれ雲に覆われ朧げな雰囲気に包まれていった。
ほろ酔い加減の目で見た雲海から湧き出る月の光の美しさ、それもまた格別、いいお酒を楽しむことが出来ました。


DSCN0352m.JPG









nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

現代を歌うソプラノの歌姫たち(その2) [音源発掘]

穏やかな秋の深まりを日々感じられる季節となったと思ったら、そこに突如到来した爆弾低気圧。
聞けば、今年は台風、1月から発生しなかった月は一度もないということで、それは1965年以来、50年ぶりのことなのだとか。

そうした話を聞くと、穏やかな季節がやって来たとはいえ今年は、いつまた大きな自然災害に襲われるかとその備えのことも考えてしまうのですが、なにはともあれ、芸術の秋。

そうした不安を抱きながらも、やはり、いつものように秋の空気を音楽と接しながら心ゆくまで堪能したいもの。

そこで今回の記事は、前回に引き続きソプラノの歌姫たちの歌声を楽しみながら、秋の空気にゆったりと身を委ねる、そんな選曲で筆を進めることにしたいと思います。


さて、その現代を歌うソプラノの歌姫たち、前回はクラシック・クロスオーバーが、世界に認知される結果をもたらしたSarah Brightmanの歌唱までを聴いていただきましたが、ブライトマンの登場以後クラシックのアーティストのこの分野への進出はさらに加速、日本でもピアニスト黒田亜樹さんや作曲家の吉松隆さんが、EL&Pのプログレシッブ・ロックの名作”タルカス”を作曲者のKeith Emersonの事前承諾を得てクラシックにアレンジ演奏、それがエマーソンの創作意欲に火を付けたのか、自らもそれまでのオリジナル曲にオーケストラ・アレンジ施したアルバム、”Three Fates Project”を制作させるに至らしめた事実は記憶に新しいところ。

それも日本人の繊細な感性があってこそなせる業、などと勝手に思いながら、今回はその日本で静かな人気を呼んでいるクロスオーバー・クラシック、その中から近年話題を呼んでいるソプラノの歌姫たち、その彼女らのサウンドを続けて聴いてみていただことにいたしました。


そこで、まず最初に取り上げることにしたアーティストは.........、

昨年末の私の記事、”2014年聴いていたお気に入りの作品”でも取り上げたこちらの方。

Sarah Àlainn-m.jpg


Sarah Àlainn。


オーストラリア人の父と日本人の母を持つ彼女、昨年は、その彼女のファースト・アルバム”Celeste”をご紹介したのですが、今回聴いていただくのは、第2作目のアルバム”Sarah”からの1曲。

ある名画の主題歌として知られるこの曲、早速、聴いてみることにいたしましょう。






続きを読む


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:PLAYLOG