So-net無料ブログ作成

現代を歌うソプラノの歌姫たち(その1) [音源発掘]

今回は、501回目の記事。

これも一つの区切りだと思い、これまで使ってきた葵の御紋のプロフィール画像に変え、今や彼のおかげで全国的に有名になった船橋市、その市民としてやはり彼の姿をプロフィール画像にしてみることにしてみました。


さて、プロフィール画像を変え気分を変えたところで今回のお話。今回取り上げるのは、2年前ぐらいから嵌まってしまっている癒しの音楽。

それは、ソプラノの歌姫によるポピュラー歌唱作品。

実は、私が本格的にジャズを聴くようになる前、よく聴いていたのはプログレシッブ・ロックだったのですが、このプログレという代物、ジャズやクラシック音楽の要素も貪欲に吸収し育っていったサウンドであったため、当時私はそのサウンドの原点を探ろうとジャズやクラシック音楽も聴くようになってしまい、特に英国のプログレシッブ・ロックは、かなりクラシックの要素が強かったことから、その作品をいつの日かクラシック・オーケストラの演奏で聴けるようにならないかと考えていたことがあったのです。

ところが、ロックの黎明期であった70年代初頭の当時にあっては、まだまだクラシックの音楽家の間にはPopやRockという音楽に対し軽侮の念が強かった時代、...........[バッド(下向き矢印)]

がそうした環境の中にあってもDeep PurpleのJon LordやKeith Emerson、Rick Wakeman等のプログレシッブ・ロックのアーティス達が、クラシック側から冷たい視線を浴びながらも果敢にもクラシック・オーケストラを従え、その融合を図ろうと挑戦し胎動し始めていたのですが。

しかし、その結果は一部の例を除いて成功とは程遠い惨憺たる状態にあった。
そのような記憶があるのですけど、その大きな原因の一つあったのが、ロックのリズムへの乗りの悪さ。

熱く疾風するバンドの演奏に乗り切れないオーケストラ、そして次第に大きくなって行く両者の間の溝。
特にクラシック系のヴォーカリストの歌唱は、その発声法の違いも手伝って、かなりの違和感を感じるものであったことが思い出されます。

そうしたことから当時は、いつの日にか、日常生活の中でロックを体験した世代のクラシック・アーティストが育ち、彼らの手で、クラシックの手法で違和感ないロックが演奏されることを楽しみにその時を待つことにしたのでした。



そして、待つこと15年。
その願いが叶えてくれたのが、この二人アーティスト。

フレディマーキュリー&モンセラートカバリエ.jpg


その彼らによって1988年に生み出された、この作品によってでした。

mercury_in_barcelona.jpg


QueenのヴォーカリストFreddie Mercuryと、スペインの誇る偉大なるオペラ歌手Montserrat Caballéの二人による作品”Barcelona”。

この異色の組み合わせ、特に生粋のオペラ歌手であるカバリエが、ロック色の濃いマーキュリーのペンによる楽曲をどのようにこなすのか。

興味深いものを感じ、早速手に入れ聴いてみたのですが、その感想は。

なにはともあれ、この作品の中から1曲、二人のロックとオペラ歌唱が融和した”How Can I Go On”に耳を傾けていただき、味わっていただくことにいたしましょう。




続きを読む


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

宙を舞うアルトの響き;Charlie Parker with Strings 本日の作品;vol.126 [デジタル化格闘記]

9月の長雨とは言うものの、それを遥かに越える異常気象に襲われた東日本、その悪夢が未曽有の大雨を降らせ各地に多くの災害をもたらしたのは、つい先日のこと。

当日、鬼怒川氾濫のニュースに接した時、年に数回仕事でこの川の流れる つくば、常総、下妻、下館を訪れている私、即座にその場所は常総市ではないかと思い映像に目を向けてみると、そこにあったのは見慣れた風景のあまりにもの変わり果てた姿。

一昨年のこの時期は、今回の氾濫現場からさほど離れていない場所で仕事をしていたのですが、その時に見えたのは、

DSCN0046m.JPG


地平線の彼方まで広がる広大な田園地帯と、その先に筑波山を望む豊かさを感じさせる穀倉地帯の美しい風景。

その姿を、一瞬にして破壊しつくしてしまった自然の猛威、その恐ろしさをまざまざと見せつけられることになってしまいました。

それにしても、被害合われた方々、これからが大変だと思いますが、私自身何度も訪れた土地だけに他人事とは思えないものがあり、お見舞いを申し上げると共に、厳しさにもめげず、またしっかりと生き抜いていって欲しいものだと思っています。



さて、今回の記事は、このブログを始めてからちょうど500回目。

あらためて何を書こうかと考えてみたのですけど、これまで書いてきた音楽記事、中でもジャズ・アーティスト、この期を節目にモダン・ジャズの原点に戻り聴いてみようと、今回選んだのアーティストがこの人。

parker01m.jpg


1940年代初頭、トランペット奏者のDizzy Gillespieと共に、 それまでのジャズのスタイルとは異なったビ・バップ・スタイルのジャズを創造し、モダン・ジャズの父と呼ばれ、ジャズの巨人の一人に数えられている、アルト・サックス奏者のCharles Parker 。

その彼の作品から、1949~50年に吹き込まれた”Charlie Parker with Strings”を聴いてみることにいたしました。

Charles Parker with strings cd.jpg


この作品、Parkerを中心にしたカルテットのバックに、ヴァイオリン、ヴィオラ、セロ等のストリンクスを配した彼の他の作品とは かなり趣を異にしたものなのですが、その評価は賛否両論、とくにジャズ通と言われる人の間では、けして高い評価を得てるとは言えない作品なのです。

実は、私もその昔この作品を聴いていたところ、周りのParker通を自称する仲間から「あんな駄盤よく聴いているな!」と非難を浴びた思い出があり、長い間、聴くのを躊躇っていた代物なのです。

ところが、20年ほど前、Parkerを敬愛するアルト奏者の渡辺貞夫さんが、ストリングスとの共演作品”A Night With Strings”を発表、その演奏を聴きその演奏が気に入ったことから、無性にParkerのwith Stringsが聴きたくなり、聴いてみると優しいストリングスの音に抱かれて宙を飛翔するParkerの美しいアルトの響きが心に深く残ってしまったことから、この作品を見直し、私の座右の銘的作品として聴くようになってしまったのです。

そこで、その美しいアルトの響き。
繰り言はこの辺にしてもったいぶらずに、まずは1曲聴いていただくこといたしましょう。
曲は”Just Friends”です。




続きを読む


nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG