So-net無料ブログ作成
検索選択

今あらためて強くする平和への思い;五つの赤い風船・まぼろしのつばさ共に 本日の作品;vol.125  [デジタル化格闘記]

長かった夏休みもいよいよ終わり。
子供さんを持つお母さん方の中には、子供たちが学校に行きホット一息と考えている方も多いと思いますが、この8月という月、いつも思うことなのですけど、何故かお盆前後に傷ましい事件が起きる、そうしたこと多い月のように感じるのです。

そして、今年もその例にもれず、中国天津市の危険化学物質倉庫の爆発、高槻の中学1年生殺害事件と哀しい出来事が相次いで発生、この季節どこかに見えない魔物が潜んでいるのではと考えてしまうほど。

そうした哀しい出来事のあった8月、さらに回想してみると、今年は戦後70年。

実際に戦争の体験をした世代の高齢化、年々減少して行く中、お盆中は、多くの犠牲を戦争の愚かさ、悲惨さを今の世代に伝えようということだったのか、TV番組も例年に増して各局先の大戦関係の特番を組み、また、皆さんのブログにもそうした話題に触れたものが多かったように思いました。


私も、その番組や皆さんの記事を拝見して、あらためて戦争を愚かしさを認識、その無意味さを後世に伝えていかねばならないと考えたのですけど、そこで思い出したのが、若き日、巷で騒がれていた反戦運動に心を惹かれ、その真っ只中で聴いたとある曲のこと。

当時の反戦への思いと、この夏に起きた哀しい出来事、そのやるせない辛い気持ちから、確かあの歌の録音テープが残っていたはず。
今、聴けばあの当時とは違った何かを感じるかもしれぬ、だからもう一度聴いてみたい!!
と、部屋の中を引っ掻き回し探し出しようやく見つけたそのテープ、早速デジタル化の作業にとりかかることにしたのです。

そうして出来たデジタル、その思い入れのサウンドが、こちら!!!
いかんせん古い曲なので、ご存じない方も多いかと思いますけど、一度耳を傾けてみてください。



西岡たかし率いる五つの赤い風船の演奏で、曲は”まぼろしのつばさと共に ”です。

この演奏は、1972年に解散した五つの赤い風船が、その7年後の1979年に2回のライブのために再結成、その時のステージ模様を収録したものなのです。


さて、”まぼろしのつばさと共に ”という曲、お聴きになっていただき、そこにダイレクトに語られる強い反戦へのプロパガンダがあるのを感じていただいた思うのですが、そうした曲が生まれ歌い継がれることとなった背景には、この五つの赤い風船の活躍した時代の世情が大きく反映されているのです。

このグループが誕生したのは1967年のこと。

それは、1960年代半ば、太平洋戦争後、活発化した民族独立の戦い、そこに東西冷戦の火種が加わり暴発寸前の危機にあったベトナムでの紛争、そこにアメリカが本格的軍事介入を始めた頃で、その攻撃は日増しに激しさ加えて行き、このグループの誕生したこの年には、B52大型爆撃機がその戦線に投入され、北ベトナム爆撃(所謂 北爆)に向け沖縄より作戦を開始した時期だったのです。

そして、さらに日本では、1960年に締結された新日米安全保障条約(新安保条約)が、1970年に10年間の期限が切れ、その後1年毎の自動延長となるその期をとらえ、条約を破棄させようという機運が高まり、ベトナム攻撃の後方基地となってしまった当時の日本の現況と合わせ、反戦、安保破棄を唱える学生運動の波が急速な広がりを見せていた時期だったのです。

そうした時代の流れの中、当時の音楽界は、英国ではビートルズ旋風が吹き荒れる中、戦争の当事国であったアメリカでは、Bob Dylan、Joan Baez、Peter, Paul and Mary 等、反戦を唱え歌うアーティスト(プロテスト・シンガー)が現れ、多くの若者とともに平和訴えるフォーク・ソングのウェーブを展開していたのですが、それから少し遅れて日本にもその波が押し寄せ、この五つの赤い風船をはじめ岡林信康、小室等、高田渡などといった人たちが登場、反戦、平和を唱える日本の若者の心を摑んでいったのでした。

五つの赤い風船 元.jpg


と当時のことを思い出しながら、ここまで書いてふと思ったのは、中東の動乱に端を発した世界規模の拡散発生するテロ問題、そして国内では国の防衛のあり方を巡って審議が続く安保法制問題などの諸問題に揺れる現代の世情、そこに当時とくらべ、それに対する人々の熱気、そして問題の質の違いはあるけれど、その底辺には、何か共通項があるように思えてきたのですが、どうお感じでしょうか。



このような時代背景に誕生した五つの赤い風船をはじめとするフォーク・ソングのウェーブ、しかし、1970年の安保条約延長成立後は、それまでの熱き運動の波は次第に沈静化、反戦・平和を唱えたプロテストなサウンドはその影が薄くなって行くことになってしまうのです。

ところが、その後60年代後半に生まれたこのフォークの波、それは既に多くの人々の日常となっていたのか、今度は、次の世代のアーティストとして登場した吉田拓郎、井上陽水、南こうせつ等によって、プロテストいう衣を脱ぎ引き継がれて隆盛を極めることになり、それが現在に続くJ-POPの道への礎となって行くことになったのです。

実はこの五つの赤い風船も、それ以前の時代にあってプロテストの衣を脱いだ爽やかで軽快なフォークソングを歌っているのです。
ということで、次の曲はそうした演奏から”恋は風に乗って”聴いていただくことにいたしましょう。



今の私たちにとっては、あまりにもシンプルで、ストレートな表現で、時代を感じてしまいまったかもしれませんが。
この時35歳になっていた西岡たかしさんも、どこか照れくさそうに歌っている、そんな様子が聴きものです。


それにしても赤い風船、西岡たかしと藤原秀子のPeter, Paul and Maryを模したようでありながら、不協和音的な響きを感じるハーモニーと、こういったフォーク・グループには珍しいヴァイブラフォンの響きが、彼らのサウンドに独特得な味付けをもたらしている。
それが、彼らが解散してから40年以上もたった今でも、新鮮な響きとなって聴こえてくように思いました。
懐かしさと共にその独特な味わいを、久々に聴いてみて心も体も若返ったような、そんな気分を堪能することが出来ました。

そして、戦後70年だった今年8月、この記事を書きながら、平和であることの有難さ、そして平和を維持することが難しくなっている現代、その平和を維持して行くためには何をすればいいのか、あらためて考えさせらることになりました。


さて、次回はこのブログも数えて500回。
よくまあネタも尽きずに、ここまでもったものだワイと、我ながらに感心しつつ、新たな気持ちで再出発しようと思っていますので、これから、引き続きよろしくお願いいたします。

収録曲
1.風が運んできたもの
2.私たちは今
3.まぼろしのつばさと共に
4.幸せの魔法
5.もしも僕の背中に羽が生えてたら
6.恋は風に乗って
7.おとぎ話を聞きたいの
8.血まみれの鳩
9.これがボクらの道なのか
10. 遠い世界に

メンバー
西岡たかし
藤原秀子
長野隆
東祥高

録音日
1979年9月19日 大阪サンケイホール

DSCN0288m.JPG





nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

PureとBeautifulが織りなす音世界:John Stubblefield:Morning Song [音源発掘]

連続猛暑記録更新となった今年の夏、しかし、8月8日の立秋を過ぎたこともあるのか、ここのところ、その暑さも幾分や和らぎ、朝晩には僅かに秋の心地良い風の香りも感じられるようになったここ数日。

おかげで、それまで負けてなるものかと気負い過ごしてきたその気持が緩んでしまったのか、風邪をひいてしまったようで、体の方はいささか不調気味。

とは言っても盆のお休み、昨年は孤軍奮闘、職場の中で私一人が頑張る羽目となってしまいましたが、今年はその逆。
私一人が、暇で他の連中が大忙し。
そうしたことから、「昨年は、一人頑張っていたのだから今年はゆっくりと休ましてもらうよ。」と、高らかに宣言をして............。

堂々とお休みをもらえたこともあり、その間にじっくりと休養、体調を整えることができればと思っています。



というところで、今回の記事は、前々回の記事(http://hmoyaji.blog.so-net.ne.jp/2015-07-05)で、私のライブラリー、今年はピアノ作品が多く集まってしまっている旨お話をしましたが、それから1ケ月。

気付いてみると、今度増え始めたのはサックス・プレヤーのリーダー作品。

どうして、そんなことになったのかというと!

これまで集めていたピアノ作品、そこに登場するピアニストの顔ぶれというと、Ceder Walton、Mulgrew Miller、George Cables、といったリーダーとしての活動よりも、どちらかというとサイドマンとしての活動で有名な人たちの作品ばかり。

従って、リーダー作品の数もそれほど多くなく、その上、市場では希少となっているものが多く、入手が困難であるこため、彼らのピアノを聴こうとするとサイドマンとして参加しているものもその対象にして探しているうちに、サックス・プレヤーのリーダー作品が増えてしまう結果となてしまったようなのです。


そうしたことで、今回の作品は、今年4月の記事でもご紹介した、Mr.ビューティフルことピアニストのGeorge Cables、その彼のピアノを聴きたくて探しているうちに見つけた、彼がサイドマンとして参加しているサックス・プレーヤーのリーダー作品とすることにしました。

といっても彼の場合、その晩年を支え名演を残したことで知られるアルト・サックス奏者のArt Pepperとの作品が有名、もしやその作品かと思われるかもしれませんが、今回の作品はそのPepperとの作品ではなく、選んだのは.........。

John Stubblefield morning song.jpg


John Stubblefieldとの1993年の作品”Morning Song”

といってもこの名前、あまり耳に馴染みがないかもしれませんよね。

そういう私も、この作品、Cablesのピアノが聴きたい一心で手にしたもので、当のStubblefieldについては、Miles Davisの作品でその名前を聞きかじったことがあるものの、そのプレイについては全く記憶がなく、この作品で初めてしっかりと聴くことなったものなのです。

しかし、この作品、一聴しての感想は、Cablesのピアノが美しさはもちろんのことなのだけど、このStubblefieldのプレイも、なかなかの聴き応え。

そこで、今回はこの作品を選ぶことにしたのですけど、記事を書くにあたって、もう少し彼のことを調べてみようとネットで検索をしたところ、これだけのプレーをする実力を持ったアーティスでありながら、信じられないほどの記事の数の少なさ、画像に至ってはさらに僅かしかないのです。

これでは、馴染みのない方も多いはず。

それではと思い、音楽をお聴きいただく前にStubblefieldというアーティスト、どんな経歴の持ち主なのか、
紹介しなければと思ったのですが..........。
それを、私のつたないにわか知識でお話しするのも憚れる、ならばネットで見つけた数少ない彼についての記事、こちらを見ていただいた方がよりよく分かるのではということで、そのリンク先を貼り付けておくことにしました。
http://www.bigjazzriver.com/ja/jo/bio.html

さて、そのリンク記事を読んでいただいたところでStubblefield、多くの名だたるミュージシャンとの共演を重ね高い評価を受けていたアーティストだということがお分かりいただけたのではないかと思うのですが、そのリーダー作品の希少さ(全10作)、またその活動の分野の主軸が、フリー・ジャズ,ビッグ・バンド、また作編曲家としての比重が高かったことから、特にビッグ・バンドの人気がイマイチで、彼をフリー・ジャズ・フィールドのミュージシャンとして位置付けていた日本では、彼の存在が紹介される機会は少なくなってしまい、それが彼の作品の評価にも影響、その知名度に繋がってしまっていたのではと思うのです。


それでは、Stubblefieldというアーティスト、その経歴についてご理解いただいたところで、この辺で彼の音楽を聴いていただこうか思います。

その曲、私がこの作品を聴き、強く彼のプレイに惹かれてしまうことになってしまった演奏から、まずは聴いて行くことにいたしましょう。



続きを読む


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

追悼 プーさん逝く:Eastward、銀界 [音源発掘]

今回のお話は、何気に見た7月8日の朝の新聞記事。
ショッキングなニュースばかりの今日この頃、余りの多さに日々心が痛みも癒えることはないのですけど。

そうした中でも、他の人には小さなことなのだけど、個人的には、それを越えるショックを感じた、紙面の端に小さく載ったこの記事のこと。


それは、プーさんの訃報。



えっ!!、クマのプーさんが亡くなった??



いやいや、そのプーさんではなくて!!


このプーさんとは、日本のジャズを世界に羽ばたかせた、そのパイオニアとして長年日本のジャズ界をリードをして来たジャズ・ピアニストの菊池雅章(まさぶみ)さんのこと。


その私の愛すべきピアニストのプーさんが、7月7日ニューヨークで亡くなったというのです。



そのプーさんと私の出会い。

それは、私がようやくジャズを聴き始めた頃、友人が持ってきた一枚のジャズ・アルバム、「これ2年ぐらい前に発表された作品なのだけど、なかなかいいよ。」と言って聴かせてもらったその作品のピアニストが、プーさんだったことに始まるのですが、その後、偶然にも共立公会堂での彼のクインテットでのライブに接する機会に恵まれ、その演奏が思いの外以上だったことから、そこで聴いたサウンドが忘れられなくなり、以来機会があればその動向に注目し続けることになってしまっていたのです。

そしてそのプーさん、近年は、1999年以降作品の発表は途絶えていたものの、2000年代初めまでソロでの活動を続けているとの情報を耳にしていたのですが......。

ところが、それ以降、音信がぱったりと少なくなってしまったことから、その動向が気になって調べてみると、どうやら病気との噂。
そうであれば早く全快して、またあの気難しい演奏を耳に出来ればと思っていた矢先、この訃報を目にすることとなってしまったのでした。

そうしたことから、私自身今は、長き渡り慕い聴き続けてきたピアニスト、プーさんの演奏を再び聴き直し、彼への想いを偲んでいるのですけど、今回の作品は、その中でも、さもよく聴いている彼の作品のお話から。

Eastward.jpg


それは、ベース奏者Gary Peacock 1970年の作品”Eastward”。

あれ? プーさんの作品ではないのではないですか。
なんて思われるかもしれませんけど。

本当は、今も頭から離れない、あの共立公会堂で聴いたサックスに峰厚介を加えたクインテットの演奏、その頃、発表されて間もなかったChick Coreaの名曲”La Fiesta”を、コリアの演奏以上にラテン・ソウルに満ちたタッチで聴かせてくれていた、その演奏をお聴きかせしたいのですが、残念ながらその演奏の音源はどこにも残っていないよう。

ならば、私が初めてプーさんのピアノを聴いた思い出の一枚、サイドマンとしてプーさんだけど、その彼のピアノの魅力が十二分に楽しめる一枚ということで、この作品を選ぶことにしたのです。

さて、この作品のリーダーのGaey Peacockというベーシスト、今ではKeith Jarrett、Jack DeJohnette 等とのピアノトリオ”Standards”での活動で、その名を知る人も多いと思うのですけど、この作品のレコーディング当時の彼は、フリー・ジャズの世界で活躍の後、麻薬禍による健康の悪化、それに加えて夫人との離婚、などにより心身ともに疲れ果て極限の精神状態にあった時期で、その療養ため密かに来日、京都で日本文化に触れ禅の研鑽に浸っていたというのです。

実はこの作品、ちょうどその頃、Bill Evansの下、驚異的なテクニックで時代を席巻した天才ベーシストのScott LaFaroにも匹敵するといわれた、この大物ベーシストの密かなる来日を察知した当時のジャズ関係者が、京都に潜む彼を探しだし、レコーディングに漕ぎ着けたという曰くのあるもの。

その制作にあたっては、日本のジャズ関係者の意気込みも凄まじく、ピアノに、このレコーディングの前年アメリカ留学から帰国したばかりの精鋭である菊池雅章を、ドラムには、日本の中核ドラマーとして頭角を現し上り坂の途上にあった村上寛をと、当時の日本の新進気鋭の若手を配し、万全な形で臨んだ日本のジャズ史にとっても大変意義深いものだったのです。


それではこの辺で、この日本のジャズ史に残るその演奏、やはり聴いていただきたい。
その演奏、前回の記事でもご紹介した甲斐の猿橋、武田終焉地景徳院を訪れた時の映像をバックにしたPVに仕立ててみましたので、ひとまずここでお聴き(ご覧)くださればと思います。





続きを読む


nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG