So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の叡智が切り拓いたシンセサイザーの未来 [音源発掘]

今回の記事は、まずこの音楽から..........!!



ご存じですよね、NHKの長寿番組”きょうの料理”のテーマ曲。

いきなり、”シンセサイザーの未来”というタイトルなのに、のっけに何でこの曲が登場したのかと思われるかもしれませんが、ちょと画面の右上を見てください。


”富田勲”とあるでしょ。


そう、この曲、先日亡くなった世界の富田で名高い、作曲家 富田勲さんの録音処女作となった楽曲なのです。


その作曲のいきさつ、2013年に富田さんが出演したラジオ番組のインタビューよれば、

それは今を遡ること60年ほど前の1957年こと。
明日から、番組収録開始という日の前日、NHKのこわい部長さんの「テーマ曲を入れろ!!」という鶴の一声から、急遽、作曲家を探したところ、たまたまNHKの建物の一室に居た富田勲氏に声がかかり、当時内幸町にあったNHK放送局の屋上のプレハブ小屋で一気に書き上げたのが、この曲だったのだというのです。

そして、さらに面白いのが今やマリンバの定番曲となっているこの曲にその楽器が使われた経緯、作曲家が見つかったところで、曲よりも先に、とにかく明日の収録までには音源を確保しなければならないということで、館内を探し回ったところ、これもまた、たまたま居たのがマリンバ奏者だったからなのだとか。

まな板の上で食材を切る音を模したパーカションにはウッド・ブロックを使用、これも当時まだ貧しかった日本、食材どれもが皆堅かったことから思いついたものなのだとか、しかし、これが料理番組のテーマ曲として絶妙の効果を上げているのです。
なにはともあれ、60年の長きに渡り日本国中で愛聴され、料理番組といえばこの曲のメロディが脳裏をよぎる、その親しみ深い曲が、こんなドタバタ騒ぎの中で出来たとは実に驚きです。



そうした逸話が残る富田勲、ご存じのとおり世界的なシンセサイザー・ミュージック・クリエターとして知られているアーティストですが、その始まりは1974年に発表したフランスの印象派の作曲家ドビュッシーのピアノ曲を素材にした作品の”月の光”。
私も発表直後、友人に紹介されこの作品を聴いたのですが、その頃、シンセサイザーと言えば、海のものか山のものかもわからず、ジャズ・ピアニストのCarla Bleyやロックの分野ではEK&PのKeith Emersonあたりが、新たな音源として使用し始めたばかりの時代。

ところが、富田は、元々水彩画的な視覚要素が強かったこのピアノ曲を、この頃やっとハーモニーを発することが出来るようになったばかりのシンセサイザーを使い演奏することで、さらに立体的臨場感と体感的質感を付加さししめ、異次元のサウンドに仕立て変えていた、そのことにいたく驚かされたものでした。

事実、当時のその衝撃は私ばかりではなく、その年に日本人として初めてグラミー賞にノミネートされたことでもわかるように世界を驚かすほどのもので、それまで国内では、NHK大河ドラマ、ジャングル大帝、リボンの騎士等のテーマ曲の作曲家として知られていた富田を一挙に世界の富田へとその頂点に登りつめさせてしまったのでした。

そしてその後は、その期待の波に乗りムソルグスキーのピアノ曲の”展覧会の絵”や、ストラヴィンスキーのバレエ組曲”火の鳥”、ホルストの組曲”惑星”などを題材にしたシンセサイザー作品を次々と発表、着実にシンセサイザー音楽のパイオニアとしての地位を固めて行くことになるのですが、今回取り上げる作品は、それらの作品の一つの集大成とも思えるライブ作品。

1984年、オーストリア都市リンツを走るドナウ河の壮大な水面を舞台にした演奏を収めた”MIND OF THE UNIVERSE"を取り上げようと思います。

Mind Of The Universe.jpg


そのスケールの大きさ、それは川幅300mもあるドナウ河の両岸四方にPAが仕掛けられ、その中央の川面にはそれぞれのパートのソリストが登場し演奏、さらにその空中には円盤までもが登場し立体的音空間を生み出していた、三次元空間をフルに活用した前人未到空前絶後の大舞台。

私は、この演奏を当時、TVで視聴し、そのスケールの大きさと精緻に組み立てられた演奏プログラムで綴られた富田の世界、その進歩に再び驚かされたたのですが、その当時の映像がありましたので、この辺で、その空前絶後の演奏会の模様、まずはご覧いただきたいと思います。













オープニングは、映画『2001年宇宙の旅』のテーマとしても使われたリヒャルト・シュトラウスの交響詩”ツァラトゥストラはかく語りき”。

クレーンに吊り下げられたピラミッド・カプセルの中、緊張気味な様子でサウンドをコントロールする富田の姿が見受けられます。
そして、次に、どこからかゆらゆらと揺れる河の水の流れの上を、静かに駆け抜け歌う、尺八の音色が聴こえてきます。

船に乗って登場したその尺八の音色の主は山本五郎。


極めて現代的なシンセサイザーのサウンドと日本の代表的古典楽器 尺八の共演。
日本の幽玄美世界を映すその音色が西欧の町の夜に深く染み渡り、人々を異次元世界に導いて行きます。


さて、後半は、この演奏がきっかけで私のお気に入りとなったソリストの登場。
そのソリストと、空中より飛来する未知の物体との対話から始まります。



宙に木霊するヴァイオリンの音。
ソリストは、千住真理子さん。

私事ですが、 その頃ジャズ・ロック一辺倒になっていた私、この演奏で聴いた彼女の澄んだヴァイオリン音色が忘れられなくなってしまい、以後、彼女の作品を探し聴きクラシックにも興味を持つようになってしまったのです。

この映像にはありませんでしたが、この演奏会では、この”未知との遭遇”の後、シンセサイザーと千住さんによるプロコフィエフの”ヴァイオリン協奏曲第1番”が演奏に続くのですが、ここでの彼女のヴァイオリン美しさはまた格別。
是非、CDで聴いていただければと思います。

最後は、かのベートーベンの名曲”第9交響曲”。
未来の音、シンセサイザーと総勢100名からなる大合唱隊が生み出す壮大なサウンドと神秘的光の織り成す立体的うねりの共演。
考えてみれば、。

そもそも、このリンツのステージにおける光の演出は、元々ロックの影響だったのかもしれませんが、それをさらに上回る演出で、今度は逆にロック側に大きな影響を与え、その後のロックのライブ・ステージの演出をさらに大掛かりなものへと進化させてしまった。
この映像を見ているとそんなことが思えてくるのですけど、いかがお感じでしょうか。


こうした超大空間を覆う音楽イベント、その後は、オーストラリアのシドニー港を舞台にしてのコンサート、ニューヨーク、ハドソン川えお舞台にしてのコンサート、岐阜市の長良川を舞台にしてのコンサートなどへと続き、世界各地で大きな喝采を得ることになるのですが、一方、富田によるシンセサイザー演奏集は、1996年発表の”バッハ・ファンタジー”を最後に、その後の創作比重は、日本文化を前面に出した管弦楽作品に注がれるようになって行きます。

そうした活動の中にあって制作された、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を自身で指揮しての”源氏物語幻想交響絵巻”は、西欧のオーケストラの前に、日本の古楽器である 琴、琵琶、、篳篥、笙などを配したサウンドで、平安の昔にあった雅な王朝文化を見事に音にして表現した作品として、日本人のみならず海外にも日本文化の奥深さを伝えた作品だったように思うのです。

それでは最後に、その雅な世界を想起させる”源氏物語幻想交響絵巻”から、”桜の季節 ~ 王宮の日々 (源氏の誕生)”を聴いていただくことにしたいと思います。



2013年には、あの初音ミクをメイン・ソリストに据えた、宮沢賢治の文学作品を題材にし”たイーハトーヴ交響曲”を世に送り出し80歳という高齢でありながら、意欲旺盛、意気軒昂なところを見せてくれていた富田勲。
その曲を書き終え、「もうこうした作業はできないだろう。」と言いながら、「しばらくしたらまた次のテーマに取り組んでしまうだろうな。」と言っていた。

そしてその言葉のとおり、また新しい創作作業に取り組み、死の1時間前までその作業に取り組んでいた。

伝説のフュージョン・バンドのWeather Report が来日の際、リハーサル中にその様子を見にやって来た富田勲を見つけると、リハーサルを中断し、リーダーでキーボード奏者のJoe Zawinul自らが案内に立ち自分の楽器の評価を問うたというほどの、日本の生んだ未来サウンドの偉大なる創造者。

最後は、一体どんな音楽を創造しようとしていたのか。
そんなことを考えつつ、そのヒントをつかもうと彼の作品を聴き直しながら、冥福を祈ることにしたいと思います。


曲目
1.導入部 答えない質問
2.ツァラトゥストラはかく語りき
3.ドーン コーラス(ブラジル風バッハ第4番プレリュード)
4.「春の祭典」~乙女達の踊り
5.鶴の巣籠り
6.「ダフニスとクロエ」組曲 第2番~全員の踊り
7.あげひばり
8.未知との遭遇
9.ヴァイオリン協奏曲 第1番~第3楽章
10. 「トリスタンとイゾルデ」~愛の死
11. 出発
12. 交響曲 第9番 「合唱」~第4楽章 「歓喜に寄す」
13. 「火の鳥」~フィナーレ

演奏者
富田勲&プラズマ・シンフォニー・オーケストラ
山口五郎(尺八)
千住真理子(ヴァイオリン)
リンダ・ローク=ストルンマー(ソプラノ)
ビルギット・クライナー(アルト)
ウィリアム・イングル(テノール)
リッカルド・ロンバルディ(バス)
リンツ・ランデスシアター合唱団

録音日
1984年9月8日





PS

今回は、記事をほぼ書き上げたところで、突然の発病・入院。
それまで、体調が今一つすぐれないなとは思っていたのですけど、病院に行ったところ即入院とは。

5日間ほどの病院暮らしで、記事のUpが滞ってしまいました。

しかし、考えようによれば、検査の結果病変は一つだったこともわかり、一安心。
これは、少しはゆっくりと休養せよという体の中からのメッセージだったのだと思い、療養させてもらうことにしました。

おかげで、体調はすこぶる快調。
禍転じて福となすの心境。

自己の健康、過信することなかれ!!  
いい教訓となりました。


nice!(26)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 12

ハンコック

こんばんは。
きょうの料理”のテーマ曲が世界の富田というのには、
驚きました。
私の小学校からの同級生が、実は同じ会社に勤めていたことが分かり、再会した時、富田勲が大好きで、
CDやDVDをよく聴かされました。
そのとき、「世界の富田」と何度も聞かされていたんですが...
私の場合は、その頃時分はStanley Turrentineにズッポリ嵌っていて、その良さがまったく理解できなかった記憶があります(苦笑)...

by ハンコック (2016-05-24 20:51) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

ハンコックさん

同じ会社に小学校時代の同級生が!!
実は、私も、中学校時代の同級生が同じ会社にいましてね。

同じ会社の他の人と違ってこういう人って、なんでも気楽に話せるという意味で、いいものだと思っています。

さて富田勲、その良さ、私も初めて聴かされた時、当時シンセサイザー興味を持っていたもので、面白いなとは思ったものの、その音楽を理解にするには至らなかったのですけど、その後、その題材となったクラシック音楽の原曲を聴くことでその凄さ、富田流の解釈を知ることができました。

富田勲、きょうの料理”のテーマ曲以外にも、結構身近にあって聴いていた曲を書いているので、このあたりにまた接してみるのもいいかもしれませんよ。




by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-05-27 05:56) 

moriyoko

リンツの舞台、壮大ですごくカッコイいですね。でもシンセサイザーの音より生のオーケストラのほうがより富田さんの世界に奥行きを感じました。他の曲も聞いてみたくなりました。
ちょっと話とびますが、和楽器と現代楽器のコラボ、無理やり感がある曲も多いように思いますが、富田さんの曲に限らずオーケストラとは相性いいなと感じるのはどちらも古い楽器だからでしょうか??

体調回復されたようで良かったてす。また次回の記事も楽しみにしております。

by moriyoko (2016-05-27 23:31) 

mk1sp

富田さんは知りませんでしたが、今日の料理の曲は良く知っています(*^_^*)

シンセサイザー、空間的な広がりのある音を奏でる楽器、
80年代以降に聴いてきたロック、ポップス、現在聴いている、例えば、Museも、シンセサイザー音楽の影響を相当受けている、そんな風にも想像しました♪

入院されてとのこと驚きました
体調が戻られて、良かったです。

by mk1sp (2016-05-28 20:25) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

moriyokoさん

富田のシンセサイザーの音楽、初めて聴いた時から、和楽器の奏でる三次元的間の空間と似たものがあるのを感じていたのですけど。

おかげでこの源氏物語を初めて聴いた時は、当然来るべきところに来たなという思いでこの曲を聴いてしまいした。

光源氏と彼と契を重ねる姫君たち、その二人の様子を和楽器が奏で、オーケストラがその雅な背景を描いている。

この音創りの妙、さすがだと思いました。

富田さんの作品、このほか、和太鼓の鼓童 や藤原道山さんとの共演作品もありますので是非聴いてみてください

by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-05-29 05:17) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

mk1spさん

シンセサイザー、富田さんの”月の光”以降、そのハーモニーで音場空間を創出する楽器として急速に普及、80年代にはその使用がほぼ当たり前のようになっていたように思います。
そんな訳でMuseあたりのサウンド、私などそれを聴くとその影響というよりは、その使用が当然であり、初めからの必須条件であったという風に感じていました。

今回の入院、自覚症状がなかったので発病時、当事者である私自身がびっくりしました。

ただ診察を受け、これが数日で治癒することが分かったところで安心、入院もいい療養の時となると、ゆっくりと休んできました。



by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-05-29 05:58) 

raccoon

富田勲さんのお名前は聞いたことありましたが、音楽はじっくりと聴いたことありませんでした。でも、どこかで、多分聴いているのでしょうね。ご冥福をお祈りいたします。

入院されたのですか。それは大変でしたね。短い期間で退院でき何よりです。

by raccoon (2016-06-01 06:33) 

yuzman1953

リンツのライブに感動して涙がでました。

仕事は程々に、お体を大切にしてください。
by yuzman1953 (2016-06-01 17:54) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

raccoonさん


富田勲さん、ドラマやドキュメントのテーマ曲を数多く手がけていましたので、きっとどこかでその音楽、知らず知らずのうちに聴いていたと思いますよ。

入院、今考えれば大病とならず、このぐらいの日数だと、ちょどいい休養になって良かったと思っています。



by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-06-05 05:44) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

yuzman1953 さん

リンツ良かったですか。

YOUTUBEを見ていたらこのほかシドニーの港での演奏会の映像もありましたので、よろしければまたそちらもご覧になってください。

仕事は程々にしたいのですけど、職場に出ると後進が育っていないので、結局、私のところにお鉢が回ってきてしまう。

そろそろ、隠居したいのですけどね、困ったものです。


by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-06-05 05:50) 

moriyoko

もうご存知かもしれませんが、題名のない音楽会で富田さんの追悼番組をやるそうで、ゲストの一人は藤原道山さんだそうです。
放送日がわかったら自分のブログでもお知らせしようかと思います♪
by moriyoko (2016-06-05 15:31) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

moriyokoさん

情報ありがとうございます。

道山さん、なにを演奏してくれるのか楽しみですね。

富田勲が、道山さんの尺八をメイン据えて作曲した”仏法僧に寄せる歌”とか、道山さんが即興で演奏したフレーズに富田勲がアレンジを施した”ひぐらし”などを演奏してくれたら最高なのですけどね。


by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-06-05 16:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0